フォローする

こんなに幼い年齢の時期に、なぜ教え始めるべきなのですか?

私たちの方法論は、マリア・モンテッソーリ氏による『吸収する心の時代』として知られる期間に、とりわけ2-6歳の幼児のために計画されています。最初のPlane of Developmentは誕生時に始まり、子供が6歳になるまで継続します。この期間は、子供の『吸収する心の時代』と特徴付けられています。この期間の幼児は自分の周囲の刺激の全てを吸収します。知力を通じて知識を獲得する大人と異なり、吸収する心により、子供は自覚的な努力をすることなく、知識を学び、獲得できるのです。これこそ言語が獲得される時代であり、このために、私たちはこの時に第二言語を教える必要があるのです。『シナプス剪定』は、この時代の最後(6歳の最初)に起こるもう一つの認識プロセスです。シナプス剪定は脳内に起きるプロセスであり、この時脳内では、使用しない神経間に関わる接合部位が削除されるので、私たちの脳の処理能力はより頻繁に使用される接合部位で行われることになります。だから、もし6歳より小さな子どもたちが、一つの言語のためにのみ自分の脳を使えば、人生の後半になって他の言語を学ぶために、神経間に関わる接合部位を再活性させることはさらに困難となるでしょう。こうした理由のため、大人は第二言語を学ぶために、子供より身につけるのが遅く、より多大な努力を必要とするのです。Monkimunで私たちが、幼児の言語学習、つまり英語を学ぶための自然な方法に、焦点を当てているのはこうしたわけなのです。

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。