フォローする

バイリンガル能力の利点とは?

言語を学習し始めるための最低年齢というものは、存在しません。科学的な証拠によれば、子供は新たな言語に曝されるのが早ければ早いだけ、よく習得できるようになるのです。幼児のうちに外国語に曝されることは、子供が第二言語を話せるようになり、より自然なアクセントで発音するために役立つのです。しかも子どもは言語を話すのが簡単になるばかりでなく、より集中力を維持するようにもなります。バイリンガルの子どもたちがより集中力を持ち、バイリンガル能力がアルツハイマー病の発病を遅らせさえすることは、研究でが明らかです。マドリード・コンプルテンセ大学の神経心理学者である、ホセ・アントニオ・ペレスPortellano博士は、空白の日記の喩えを通じて、早期の外国語へのエクスポージャーの重要性を断言しています。もし私たちが二箇国語のページを書くの待っていたら、日記は一杯になって、その空欄に落書きされてしまいます。バイリンガルへの集中訓練は、決して早過ぎることはありません。バイリンガル教育は、支援と補強による複合的な要素を含む必要があります。つまり、英語で漫画をを読むことは十分ではありません。さらに重要なことは、新しい言語への子供のエクスポージャーが、その子供の自然な振る舞いと一体化していることが重要です。自宅で子供に歌や物語やゲームを通じて英語を導入することによって、その言語は「外国の」概念に密着するものではなく、むしろ自然な生活の要素となるのです。

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。